清宮くんになれる?ティーバッティングの概念が変わった!

「上から叩け!」

「打ち上げるな!」

しまいには

「転がせ!」

スポンサーリンク

バッティング練習はどんな風にしていますか?

これはバッティング練習をしていると

聞こえてくる指導者の声ですよね。

でもこんな声でバッティングは良くなりますか?

どうして上から叩くの?

打ち上げるな?

転がせ?

先日のドラフトで日ハムに1位指名された清宮君に対しても

同じような声をかけますか?

ホームラン性の当たりに

「清宮!打ち上げるな!」

なんて言いますか?

もし言っている指導者がいたら

アホですよね。

ホームランを打つためには

昔わたしが好きだった原辰徳選手は

良くポップフライを打ち上げて

ファンをがっかりさせていましたが

本当に彼はポップフライを打ちたくて

打っている訳ではないんですよね

ホームランを打ちにいった結果

微妙にずれて大きく飛ばずに

上にボールが飛んでいってしまったんですよね

確かに野球はアウトにならないで攻撃を

続けた方がいいので、簡単にフライを打ち上げると

そのフライを捕れば1つアウトになります

しかし、ゴロの場合は

野手がゴロを捕って、ファーストの投げて

そのボールをキャッチするという

3つの動作が完成して初めてアウトになります。

だから指導者は転がせって言うんですよね

自分もそうでした

良く監督に転がせっ!上から叩けって言われていました。

でもバーンと大きい当たりを打って

長打になった時は、何も言わないんですよねw

不思議ですよね。

ではどうして上から叩くのか?

相手ピッチャーの速いボールに対応するのに

構えたところから最短でヒッティングポイントに

バットを出すと言うことらしいですが

本当かなぁ?

わたしは高校時代に111本も打っていないので

大きいことは言えませんが、それでもバットにボールを乗せる感覚を

会得してからは、自然にボールは飛んでいくようになりました。

これは1年生の時から会得していたらって今でも思います。

ボールを遠くへ飛ばすのには

投げたボールをガーンと思い切りボールにぶつけるだけでは

ダメなんですよね

ボールが遠くへ飛ぶようにしてあげないといけないのです。

簡単に言うと

ボールが上に上がるようにスピンをかけるのです。

いわゆるバックスピンをかけるのです。

昔、王貞治氏が一本足打法を手に入れるために

真剣でワラを切っている映像を見たことが

あると思いますが、あれは強烈なスピンをかけるためだと思います

決して上から叩いてゴロを打つ練習をしている訳ではないんですよね

この映像の弊害で上から叩けがどうも一人歩きしているんでは

ないでしょうかねぇ。

これであなたも清宮くんになれる!

さてホームランを打つのには強烈なバックスピンをかける

これはなんとなくお分かりでしょうか?

原辰徳選手のポップフライはホームランとの紙一重の結果なんです。

さて少年野球や中学生、または現役の高校野球の真っ只中にいる選手

草野球でホームランを打ちたいと思っているお父さんなどなど

清宮くんのようなホームランを打てる面白い野球ギアを紹介します。

その名も【スピンティー】

この動画を見たときに、高校生のときに欲しかったと思いました。

素振りをやるよりもずっと効果的ではないでしょうか?

広いグランドがなくても、室内練習場や

ちょっと広い自宅の庭でもネットで囲えば練習できますよね。

メイドインアメリカでお値段はちょっと高いですが

これでドラフト1位になったら安いもんですよね。

え?値段が高い?

アメリカ製ではなく日本製はないのか?

ありますあります。

まとめ

今回紹介した2つのティーバッティングマシンはぜひチームに欲しいですよね。

その前にお子さんの指導をしたいお父さんにぜひ見てもらいたいのが

やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~

お子さんの成長のためにぜひご覧ください。

<PR>

「試合で自分の力を100%発揮する」高畑式メンタルトレーニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする