第99回全国高校野球選手権組み合わせが決定

スポンサーリンク

東海大菅生高校は7日目に高岡商と対戦

注目の西東京大会を制した東海大菅生は、7日目に登場です。

早実の清宮ばかりがクローズアップされた今年の地方予選。

その中で日大三高を準々決勝で倒し、決勝では早実に快勝した同校。すっかりファンになってしまいました。自分がキャッチャーをしていたこともあって、鹿倉君を中心に投手陣がまとまっていて、バッテリー力が高い東海大菅生にすっかり魅了されてしまいました。

そんな東海大菅生が何日目に登場するか注目していました。

7日目というと、順調にいけば8月13日ですね。

日曜日なのでじっくり家で観戦できますね。

平日だと仕事中でもあるので、彼らの戦いぶりを見ることができない可能性がありましたが、このまま雨も降らないで大会が進むことをお願いしたいですね。

さて対戦相手は春夏連続出場の富山代表の高岡商高ですね。

高岡商はキャプテンの土合君がエースのようですね。そして190センチの伏見君、148キロを投げる左腕の山田君と、強力な投手陣のようです。

試合は投手戦になるのでしょうか?

東海大菅生高としては試合まで時間があるので、高岡商を分析する時間もあるし、持ち前のバッテリー力で、高岡商打線を抑えてくれると期待しています。

ってついつい東海大菅生を贔屓しちゃっていますが、もちろん高岡商にも頑張っていただいて、好試合をみたいです。結果は二の次です。手に汗握る試合をお願いします。

4日目の4試合は絶対に見逃すな

多くの高校野球ファンは、間違いなく4日目を注目するでしょう。

大会が始まって3日目あたりから高校野球ファンもエンジンがかかってきますよね。

そんなエンジンがかかってきた頃に、どうやったらこんな組み合わせができるんでしょうね。

1試合目 広陵(広島) 対 中京大中京(愛知)

2試合目 横浜(神奈川) 対 秀岳館(熊本)

3試合目 興南(沖縄) 対 智弁和歌山(和歌山)

4試合目 大阪桐蔭(大阪) 対 米子松蔭(鳥取)

これは朝からテレビの前から離れられない試合が続きますね。

平日なのでどうしよう・・・全試合録画ですかね。

高校野球ファンは、1日に好試合が4試合楽しめる準々決勝、いわゆるベスト8に進出し、ベスト4を狙う戦いが最高なんですよね。好試合のフルコースを味わえるんですよ。

それが、それがですよ?

なんと4日目、それも4試合とも好カード。

これはもう見る前からお腹いっぱいです。

どの学校も初戦なので、実力通りの戦いができるか?

甲子園の観客を味方にできるか?

いやぁもう甲子園に行きたい!

<PR>

「試合で自分の力を100%発揮する」高畑式メンタルトレーニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする